tuiterujan’s diary

日々の家族介護・入院から在宅介護そして老人保健施設へ入るまでの様子や感じた事、思った事を綴っていこうと思います。

2度目の老健へ申し込み…。

昨日から天気予報が、雪マークだったけど雨になった。雪が降ってる時は気持ちが

ワクワクするんだけど(子供みたいに)…。降った後は、道がぐしゃぐしゃで車の運転も

怖いΣ(゚Д゚)・・。雨で良かった。

母の退院後の施設へ、申し込みに行ってきた。老人保健施設へ…。

施設の名前は知ってはいたが場所が何処にあるのか分からなかったが…。行ってみたら

町から離れた山の中腹。坂道Σ(゚Д゚)・・。車だからいいけど、歩くには大変な場所にあった。雪が降って凍ると滑って登れない(大袈裟)かな…。

冬は大変だけど夏は涼しいかも…。周りの風景は、辿り着くまで昭和時代の家が建っていて田んぼや畑もあり懐かしい風景。田舎育ちだから、子供の頃を思い出す。

そんな景色を見ながら老健へ到着。

ここは、病院からの紹介で去年入居していた老健とは違い病院併設ではない。

老健の相談員に会い事情を説明。去年、特養老人ホームに申し込みしていた所と

同じグループだった。この時期は冬とあって、入居する方が多く何故か今年に限って

退去する方が少ないと…。相談員さんは、今年は暖冬も関係あるかなと言っていた。

申し込みをしたが、やはり待機待ち…。かと思ったら特養の方には動きがあるので

タイミングが良ければ退院と同時に入居できるかなと言われ、またタイミングが合わなければワンクッションおき、ロングショートを使うことになってしまうかも…。とも言われる。私達の希望はワンクッションではなく、スムーズに入りたい。ワンクッションだと、施設からまた施設となれば母に負担がかかるし、人に慣れるまで時間がかかる。去年は、それで大変だった。

老健の中も見学でき、一般棟と認知棟で分けられている。一般棟の方のみ見学ができた。殆ど4人部屋で床が木目で綺麗で、落ち着いた雰囲気だった。

後は、退院日とタイミングだ…。今、母にはリハビリを大変だけど頑張ってもらう事とご飯をしっかり食べてもらう事だな…。

 

平行棒歩行…。

母は沈静化前の姿には戻れないけど、今は日を追うごとに元気になっていく。

沈静化する前は、ベットから自力でベット柵に掴まり車イスへ座れた。転移前の病院で

高次機能障害が理解されておらず精神薬を飲まされ、あっという間に沈静化…。

挙句の果てには看取りの話もされて、ご飯も食べれなければ胃ろうを進められる。

寝たきりにして、老健へ戻そうかとしてたのか…。あの、医師の言葉を思い出すと今でも腹が立って仕方ない。県と市、医師会に苦情は言ったけどその後はわからない。

今、思えば病院を変えてよかった。もし、病院を変えなければ母は生きていない。

現在は、リハビリ病棟で平行棒使用して歩行訓練。これを、2、3回往復している。

立って歩く姿は半年ぶり。歩けるじゃん、すごいね!と励ます。歩けることが、こんなに大切だと気付かされた。

寝たきりから看取りといわれて、この母の姿を以前の病院の医師や看護婦さんに見せて言ってたりたいほど。生きてますけど?誤診ですか?と。

やっと、ベット柵に掴まり自力で起き上がれるまでになった。こちらの病院に来たときは足が拘縮していてこちらの医師もビックリしていた…。それが今では、拘縮もなく関節も柔らかくなった。ありがたい…。

 

 

感謝です…。

今日も朝から良い天気。

家事を済ませて母の病院へ行く。

内科からリハビリ病棟へ移り毎日リハビリをしている。母の足の甲は、脳梗塞の後遺症で足の指が丸まり甲が盛り上がっている。なので、理学療法士さんが、母の靴のつま先部分をカット、(サンダルみたいな形)少しでも歩けるようにと靴を改造…。見た目は、いまいちだけど、母は少し歩くことができたと喜んでいた。病院に馴染んできたのか、すれ違う看護婦さんや理学療法士さんなどの顔を見ると、すかさず手を振り「私は、病院で有名になった。」と自慢げに言うΣ(゚Д゚)・・。元々母の性格は、明るくて誰とでも友達になってしまう性格だったから当たり前と思うけど…。他の入院患者さんとも顔なじみになり、私が知らない間にお友達になっていた。母の精神状態もよく、表情も柔らかい。以前の病院と大違いだ。

有名…。おそらく高次機能の後遺症での感情失禁で突然怒ったり、泣いたりしてして有名になったんだと思うがΣ(゚Д゚)・・。やれやれ・・。ここまで母が元気になれたことは母を理解してくれた病院の方々。本当にありがたい。感謝です。

 

思うこと…。

この、病院に転移して1ヶ月半になる。今まで服用していた 薬は(精神薬)全部中止。以前入院していた病院では、精神薬を服用し鎮静化。その間、ご飯も食べる意欲もなく殆ど寝ていた…。しかも、胃ろうの話もでたり看取りの話もあったりで…💧病院の医師によっては、判断が違うと思ったし考え方も全く違う事がわかった。母は、元気になりご飯も食べるようになり、胃ろうなんて全く関係ない。看取りどころか、今を生きている。誤嚥性肺炎は、以前の病院で鎮静化したことによってなった…。ならなくてもいい、病気にさせられた。 肺炎は、繰り返すから気を付けなきゃならないし…。 昔は医師の話には、間違いがない絶対にと思っていたけど。 今は違う。医師の話に少しでも違和感や、心がモヤモヤした時は他の病院へセカンド・オピニオンをした方が良いと思った。医師との相性もあるし…。 ここの病院が皆、患者や家族に対して思いに寄り添ってくれて対応も親切で丁寧。以前の病院にいた母の顔は険しくて 今では、顔が柔らかい。たまに、突然怒ったりするけど元気になった証拠。皆さんに感謝です。

元気になっていく…。

母は、順調に回復している。記憶も昨日の事は忘れて しまっても当日の事は覚えていた。 年が明けたこと、今日の日付…。曜日まできちんと言えた。 面会に行くと、食堂のフロアに看護婦さんと一緒にいた。 私に気が付くと、手をふる!左手は、上手く挙がらない 様子…。リハビリも丁度、終わった後だった。 いつも、リハビリが終わった後は「えらい、痛い。」と 言っていたけど体が慣れてきたのか車椅子に座っている 時間も長くなってきた。やっぱり、リハビリは大事! 母の両足のつま先は、脳梗塞での後遺症で丸まった状態。 ボックス注射をし、筋肉を柔らかくすれば少しは歩ける けど痛い思いはしたくないと母言う為、注射はしない。 掴まり立ちができれば、それでよし!足にも力がついて 以前より、掴まり立ちが安定してきたし、ご飯も、良く 食べるようになったと看護婦さんが言う。 病院によっては、こんなに違うのか驚くばかり…。 病院の皆さんには感謝でいっぱいです。

獅子舞と江戸遊芸…。

母の、病院には面会に行かれず今日から私は仕事始め…。朝から天気がいい!

世間は休みだというのに。通勤ラッシュもなく職場までスイスイ。

私は介護施設で働いている。入居者さんは皆、認知症の方。皆さん個性が強くて

私が、ヘトヘトになるくらいパワーがあり皆さん元気!

今日は、レクレーションでお正月らしく…。

【獅子舞と江戸遊芸】をして下さる方を招いて、皆さんに楽しんでもらう(職員も楽しむ)楽しんでもヘトヘトになるんだけど…。江戸遊芸をして下さる方たちは皆、衣装に着替えその衣装も赤、緑、黄色が艶やかで綺麗!若い方達ではなく皆さん年配の女性。

小太鼓叩きながら、南京玉すだれ~。あ、それ、それ、さては、南京玉すだれ~。

認知症の方達は、満面の笑み。その、笑みを職員が見て笑う。すだれを伸ばしたり、また伸ばしたすだれが橋になったりと、次から次へと形を変えていく。小太鼓の音が懐かしかった。お見事!南京玉すだれ~。招福踊りも披露してくれた。

最後に、利用者さんの頭に獅子舞が『がぶっ!』と噛んだ姿を写真を撮り無事に終わった。職員はヘトヘト…。

獅子舞を頭にかっぶって舞う伝統芸能獅子舞は、日本各地の正月や晴れの日に舞い、幸せを招くと共に厄病退治や悪魔払いとして古くより伝えられている。

また、獅子舞に頭を噛まれるとその年は無病息災で、元気に過ごせるという言い伝えあるそうで、獅子舞は、大自然の霊力を私たちに授けてくれる不思議な芸能。

日本では、室町時代(1338年~1573年頃)に伊勢の国(現在の三重県)で、飢餓や疾病を追い払う為、お正月に獅子舞を舞ったのが始まりと言われています。

と、江戸遊芸さん達が話をしてくれた。

しかーし、仕事に追われていた私は獅子舞に頭を噛んでもらうのを忘れた…。残念。

 

ふと…。獅子舞が母の頭を噛んだら元気になるのかなと…。思った。

面会制限…。

今日も、母の病院へ行く。お正月だけどそんな感じはなく病院はいつもと変わらず。

けど、看護婦さんがいつもより少なく介護士さんも、少ない。母の病室へ行くのに

外来の前を通って行くんだけど今日は、ここの、病院が救急外来になっているらしく

待合室が混雑しているΣ(゚Д゚)・・。ソファーに横になってる方や咳をしている方…。

看護婦さんも忙しい様子。大変だ…。この季節は、インフルエンザが流行しどの病院でも風邪引きさんが多い。私も、風邪を引き高熱が9℃になりインフルエンザと思い、検査をしてもインフルエンザの反応なし…。体の節々が、異常に痛かったけど。翌日も検査をするけど反応なし…。何だったんだろう…。後で、分かったけど隠れインフルエンザもあると聞く。ワクチン注射したって意味がなかった。

今、母の病院では面会制限あり病室へ入れるのは1人だけなんだけど…。他の面会者さん見ると2、3人面会に来ている。いいのかな。風邪を持ち込まれたら、入院している方達は高齢者だから…。大丈夫かな…。まあ、病院だから大丈夫かなぁなんて、思ってしまう。母の病室へ入ると、リハビリが終わってベットに横になっていた。

お土産に、食べやすいプリンを持って行くと食べたいと言われ食堂へ行き食べる。

母は、高次機能障害の後遺症もあり集中して食べることができず、食べながらよそ見

したり、食べながら喋ったりする…。が、ここまで回復するとは思わなかった。

嚥下もまだ不十分な為、常食ではなくキザミ食。母は、テーブルに置いてあった雑誌をめくり、焼肉の写真をみて美味いもん食べたいとしきりに言う。

病院食は嫌だと言うけど、今は仕方がない。母は、ブツブツ言いながらプリンをペロリ完食した。もう少し、元気になったら寿司を食べようと母を励ます…。